International Law Association, Japan Branch (一般社団法人)国際法協会日本支部          English Page 本文へジャンプ


国際法協会日本支部の概要についてはこちらをご覧下さい。

第79回世界大会は日本支部が主催して2020年11月29日から12月13日
(日本支部創設百周年の日)までオンラインにて開催し、489名が参加して
成功裏に終了しました。関係の皆様に厚く御礼申し上げます。
世界大会のプログラム(英語)はこちらをご覧下さい。
大会記事(日本語)は
こちらをご覧下さい。


2020年6月6日開催の会員総会において理事・監事が、第2回理事会において代表理事以下の役員が、
選出されました(こちらをご覧下さい)。
代表理事は柳井俊二です。

国際法協会日本支部は日本学術会議の協力学術研究団体です。


沿革

国際法協会日本支部は、国際法協会(International Law Association、1873年設立、
本部ロンドン)の日本支部として、1920年12月13日に設立されました
(詳しくはこちらをご覧下さい)。
日本支部の歴史についてはこちら(英文)をご覧ください。
1960年1月6日に社団法人として認可されました。
1964年8月16日から22日まで東京で第51回世界大会を主催しました。
2020年11月29日から12月13日までオンラインで第79回世界大会を主催しました。
2012年4月1日付で一般社団法人に移行しました。
令和3年7月7日付で「公益目的支出計画の完了予定年月日を従前の令和4年3月31日から
令和10年3月31日に変更する」認可がなされました。


世界大会のレポートについて

既にロンドン本部からご案内の通り、2012年ソフィア大会から大会のレポートは原則として
PDFのみで刊行されることとなりました。よろしくご理解のほどお願い申し上げます。
日本支部会員の皆様のためにレポートをこのHPに掲載いたしました。
2012年ソフィア大会レポートはこちらを、2014年ワシントンDC大会レポートはこちらを、
2016年ヨハネスブルグ大会レポートはこちらを、2018年シドニー大会レポートはこちら
クリックしていただければダウンロードできます(パスワードが必要になります。
これらのパスワードは2021年2月の郵便にてお知らせの通りです)。


国内大会のご案内

2021年の研究大会は4月24日に終了しました。
2022年の研究大会は2022年4月23日(土)に開催の予定です。



世界大会のご案内

第79回世界大会では6つの委員会及び1つの研究部会が決議を採択しました(こちらをご覧下さい)。
閉会式(2020年12月13日)における茂木外務大臣のメッセージはこちらを、
開会式(2020年11月29日)と閉会式における柳井代表理事の挨拶はこちらこちらをご覧下さい。
同大会において柳井代表理事がILAのPresidentに選出されました。
同大会のProceedingsは2021年にロンドン本部から刊行の予定です。

第80回世界大会は2022年6月19日から24日までリスボン(ポルトガル)のAltis Grand Hotelにおいて
開催されます。詳しくはこちらをご覧下さい。登録は2022年1月に開始予定です。
第81回世界大会は2024年にデルフィ(ギリシア)において、
第82回世界大会は2026年にウィーン(オーストリア)において開催予定です。
また国際法協会150周年にあたる2023年には記念行事がパリで開催される予定です。
詳しくはこちらをご覧下さい


会員の皆様へのお願い

所属・住所・電子メール等の変更の場合には、日本支部事務局にご一報下さい。

英文年鑑についてのご案内

英文年鑑(Japanese Annual of International LawはNo.50(2007)まで、Vol.51(2008)からは
Japanese Yearbook of International Lawとなりました)を年1回刊行しております。
最新号は、Japanese Yearbook of International Law, Vol.63(2021年3月刊行、定価12000円)です。
ご購入(バックナンバーを含む)のお問い合わせは、当協会宛にではなく、丸善雄松堂株式会社
(〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町10-10 TEL: 03-3357-1411; Fax: 03-3356-8730
e-mail: academicinfo@maruzen.co.jp)宛にお願い致します。

英文年報・年鑑の目次はこちらをご覧下さい
Japanese Yearbook of International Lawについての詳細は以下のページ(英文)をご覧下さい。

ロンドン本部・他支部からのご案内

南アフリカ支部から下記の案内が来ています。
ご関心のある日本支部会員の方は、直接お問い合わせ下さい。

Dear ILA members,

I hope this email finds you well. I am writing to you on behalf of the Network of Young Scholars and Practitioners within the South African Branch of the International Law Association (SABILA Network). We established the network earlier this year with the aim to increase the younger membership of the ILA and also to create value for members through collaboration, innovation, digitalisation, and by facilitating change.

As you are aware the ILA will be celebrating its 150 year anniversaryin 2023 and the French Branch is organising the conference (hybrid event) as well as projects leading up to it. The theme of the project is "Building Tomorrow." It is worth signing up to their newslette for ongoing information about the project.

With Professor Catherine Kessedjian's, the President of the French ILA branch, permission and guidance we are trying to facilitate a global network of young scholars and practitioners to participate in the projects leading up to the conference in 2023.

This is a call for ILA members that are 35 years of age and under and in the first five years of practice to get involved in the 150 years Build Tomorrow Project in the following ways:

Option 1: Panelist for Webinars

There are a series of thematic white papers that are currently being worked on, the reports of which will be discussed in a series of webinar starting in January 2023. The panelists of the webinars will be individuals with expertise in the thematic fields and were not part of the creation of the white paper reports. You can read more about the themes for the white papers here.

If you are interested in being a panelist for a webinar please email youngsabilamembers@gmail.com with the following information:

Name and surname:

ILA Branch:

Affiliation (University, organisation, company, independent etc.):

The white paper you are interested in:

A one page C.V. including a short paragraph on why you are suited to discuss the thematic issue.

Deadline: 30 January 2022

Option 2: The future of the ILA paper

As part of the 150 year anniversary celebration the ILA will publish a book on the history of the association and we have the opportunity to contribute a chapter on the future of the ILA. In the event that we cannot get a publishable chapter together by June 2022, we will still have the opportunity to deliver a paper at the opening ceremony of the 2023 event.

If you are interested in being part of this project please email youngsabilamembers@gmail.com with the following information:

Name and surname:

ILA Branch:

Affiliation (University, organisation, company, independent etc.):

How you meet the requirements of being a young scholar or practitioner (35 years of age and under and in the first five years of practice, or a student, other):

A short paragraph on what role you believe younger members can play in the future of the ILA:

We would like to schedule the first meeting for this project early January so please reach out as soon as possible. 

You can express interest in both options simultaneously. Please reach out to me if you have any further questions and I look forward to receiving your interest in these projects. If you have or  are interested in creating a Network of young members within your own branch please reach out to the SABILA Network for collaboration. 

Warm regards,

Clea Strydom
on behalf of the SABILA Network of Young Scholars and Practitioners



旧法人(社団法人国際法協会日本支部)の資料

 こちらをご覧下さい


Japanese Yearbook of International Law (英文)

ロンドン本部ウェブサイトへのリンク


最終更新 2022年1月10日

 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学法学部研究室内 (一社)国際法協会日本支部
 Phone:03-5841-3131; Fax:03-5841-3174; e-mail:ila(*)j.u-tokyo.ac.jp (*)は@と入力して下さい
URL: http://www.ilajapan.org/